レンズにカビが生えているカメラを買取に出すとどうなるか

カメラを長らく放置していたらレンズにカビが生えてきてしまったということもあるでしょう。綺麗な状態だったら買取に出してしまおうと思っていたけれど、こんな状態ではきっと売れないと思うかもしれません。そんなときに思い切ってそのカメラを買取業者に持って行ったらどうなるのでしょうか。

どんな対応をされるのか、どうやって売ると良いのかを知っておきましょう。

楽器とカメラを両方に買取に出したいときのコツ

断られてしまうケースもある

買取業者にレンズにカビが生えてしまったカメラを持っていくと断られてしまうケースもあります。買取業者は買い取ったカメラを中古カメラとして販売し、消費者に購入してもらうことで利益を得ています。レンズにカビが生えてしまっているようなカメラを買いたいと思う人はまずいないでしょう。

そのため、業者としては売れないカメラだから買い取らないという対応になるのです。これはカビに限らず、状態が悪いカメラに共通して言えることなので覚えておきましょう。レンズが割れていたり、ボタンを押してもシャッターを切れなかったり、金属部分が錆びついてしまっていたりすると買い取れないと言われてしまうことが多いのです。

カビが生えていても買い取ってくれる業者もある

一般的な買取業者ではレンズにカビが生えたカメラを買い取ってくれることはあまりありません。しかし、カメラを専門的に扱っている業者の場合にはカビが生えたくらいであれば買い取ってくれることがあります。そのまま消費者に向けて販売することはできなくとも、少し手入れをしてからなら売れる可能性があるからです。

特に高級ブランドのカメラや人気が高騰中のカメラであれば中古で少しくらい状態が悪くても買いたいという人が殺到することがあります。そのため、カビが生えているカメラであっても買い取って整備してから販売しようと考えてくれるのです。

ただ、整備のためにコストがかかってしまうことから買取価格はカビが生えていないカメラよりも低くなってしまいます。状態が悪いカメラにも前述のように色々とありますが、その中でもカビはタチが悪くない方なので比較的買取価格が下がらずに済むことが多いということも知っておくと良いでしょう。

確かに見た目はひどい姿かもしれませんが、カビはレンズを削ってしまうわけでも本体を腐食してしまうわけでもありません。

カビはただレンズの表面に張り付いて汗や皮脂などに付着していた栄養分を吸収して広がっていったものなので、綺麗に剥がしてしまえば美しい姿に戻せる可能性が高いのです。カビの種類によっては落ちにくかったり、レンズと本体の接触部分を腐食したりしてしまうこともありますが、全体に広がっているような状態でなければ大抵はきれいにできるのです。

レンズにカビが生えていても買い取るのはなぜか

専門の買取業者はどうしてそんな手間までかけてレンズにカビが生えているカメラを買い取ろうとするのかと疑問に思う人もいるでしょう。レンズにカビが生えていても買い取るのは、買い取ったカメラを売って利益を上げられる可能性が高いからに他なりません。

逆に一般の買取業者の場合にはカビが生えているカメラを買い取って販売しようとしてもコストがかさみすぎてしまって利益を上げられないと考えている場合がほとんどです。専門業者の場合には整備のプロがいることが多く、社内で十分な整備をして販売することができます。

それに対して一般の買取業者ではそのようなプロを抱えていることはまずありません。整備して販売しようとすると外注しなければならないため、大きなコストがかかってしまうという点から買取を断る場合が多いのです。

レンズのカビは取り除いた方が良いのか

レンズに付着しているカビを落としてしまえば一般の買取業者でも取り扱ってくれるし、専門業者も高く買い取ってくれるのではないかと思う人もいるでしょう。確かにレンズのカビをきれいに落とすことができれば、そのままで消費者が買ってくれるようなカメラになるかもしれません。

ただ、レンズにぴったりと張り付いているカビを落とそうとして硬いものでこするとレンズが傷ついてしまって価値が下がってしまうでしょう。力を込めすぎてしまうと傷だけでは済まず、ヒビが入ったり割れたりしてしまうかもしれません。

薬剤を使えばきれいに落ちるはずだと思って使ってみたら、レンズはきれいになっても本体の方が腐食されてしまうというケースもあります。何度もカメラのレンズの整備をしてきた経験がある人ならこのような失敗をするリスクは低いでしょう。

そのため、取り除いてから買取に出した方が良いと考えることができます。しかし、レンズのカビ取りなんて初めてだという人の場合にはかえって取り返しがつかないような事態を招いてしまうリスクがあるので、そのまま買取に出した方が無難です。

また、業者に依頼して整備をしてもらってから売るという方法もあります。しかし、整備費用が高い割に価格があまり上がらないことも少なくありません。無駄に費用をかけてしまって損をすることになりかねないので、自分でできないのなら諦めて潔くそのまま売るようにした方が良いでしょう。

買取価格を比較してから売る業者を決めよう

たとえレンズにカビが生えているカメラであっても買い取ってくれる業者があるなら少しでも高く売れるところを選びたいと思う人もいるでしょう。実はこのようにそのままでは販売できないようなカメラの買取価格は業者によって大きく違います。

特に整備が必要ないカメラの場合でも相場価格の捉え方やマージンの確保の仕方、シェアの広さなどの様々な要因によって価格に違いがあるのが一般的です。それに加えて整備コストがどのくらいかかるかが業者によって大きく違うため、買取価格に大きな差が生まれています。

そのため、レンズにカビが生えていても買い取ってくれる業者をできるだけ多く探し出し、見積もりを取って比較してみるのが大切です。特に元々の価値が高いカメラの場合には、ある業者では100円なのに、別の業者では1万円といった違いが生じることもあります。

少なくとも三社くらいは比較して違いがどのくらいあるかを確認してみるのが賢明です。

カメラの写真を撮って状態がわかるようにしてメールなどで問い合わせてみるとスムーズに大まかな見積もりを出してもらえます。遠くにある業者も候補にしたいというような時には効果的な方法なので、高く売れるようにするために有効活用しましょう。